多分花鳥風月金田一、コナン的読み物ページ映画の感想レビュー→アントマン&ワスプ


アントマン&ワスプ

9/12鑑賞

 うーん。
 面白かったんだけど、後半になるまでアクションあまりなくて、ちょっともどかしくはあった。
 新キャラが突然出てくるのもなあ、びっくりしたよ。
 三つ巴のややこしい話になっちゃって。
 それと、前作もですが、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」もラストどうなったかだけでも
知っておくと、今回のラストの意味がわかります。
 エンドロールの後に出てくるやつです。相変わらず見ずに帰ってしまう人いましたが…。

 前作アントマンレビュー
 キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー (今回スコットが自宅軟禁されてる理由)
 アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーレビュー
 ↑これ私もそろそろ記憶怪しいので、見直そうと思いつついつも見なかったりするんだなあ。

 さてさて。
 物語はホープの子供時代から始まります。
 両親がどうしてもという急用で出かけることになったと言っている。
 話をしているピムは、あの時お前を寝かせていたらとか言ってますが、それやっても特に
結果変わらなかったような気が。
 で、ピムとホープの母親ジャネットは何をしにいったのかというと、ソ連のミサイルを停止させる
ために小さくなって内部に侵入する任務を負っていた。
 ところがロケットに侵入できる場所がなく、入るためには量子レベルまで小さくならなければならず、
ジャネットは二度と戻れないことを理解して、内部に潜入。
 つか中に入ってももとに戻れなかったらどうやってミサイル止めるの?って思うんだけど。
 ミサイル止めるために小さくなる、ならともかく、中に入るために小さくなるのは意味があんのかな。
 という疑問はさておき。
 ピムのスーツの縮小ボタンは壊れていて潜入できなかった。(スコットことアントマンに受け継がれてるあのスーツ)
 それで、ジャネットは量子世界をさまようことになり、ミサイルは破壊できたものの、彼女が戻って
くることはなかった。
 その話をピムは現在ホープに放して聞かせているわけだけれども、つまりは前作スコットが同じように
小さくなり、量子の世界から生還したことから、母ジャネットを連れ戻せる可能性があるのでは
ないか、というわけです。
 量子トンネルというのを作るらしい。
 あれですよ、ドラえもんのガリバートンネルのようなもんだ。
 世界のどこにいるかわからんものを探すのかと思ったけど多分、座標とかは割り出せるんだろうね。
 それとタイトルでマーベルの10が赤くなってたけど映画10周年?なのかな。

 スコットと娘のキャシーがなんか暗闇のなかでゴソゴソしてると思ったら、自宅で迷路みたいな
ものを作って遊んでた。
 すばらしい発想力ですな。
 しかも外階段を脱出経路にしてて面白い。
 なおここで見つけた宝というのがおばあちゃんのトロフィーなのですが、学校の発表会にこれ
使いたいというキャシーをスコットは止める。この理由は後で。
 で、ここでスコットの足が階段滑り降りた衝撃で柵の外突き破ってしまうのですが…。
 FBIがだだーっと駆けつけてきます。
 ここでスコットがどういう状態にあるのか、他のシリーズ見てなくてもわかるようにしてあるのは
親切ですね。
 FBIのウーがやってきて、外に出ようとしたんじゃないだろうなと家宅捜索するけど、スコットは
あと3日で外出られるようになるんだからするわけがないと語る。
 また、ピムとも一切連絡取ってない、あいつとはケンカ別れしてるし、とも。
 スコットはアベンジャーズの内乱(キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー)でキャプテン側についた
ことから、やばい人物として目をつけられ、あと暴れた罪で自宅軟禁2年、保護観察3年の罪を
受けていました。
 アメリカだとこういうのあるんだよね。
 刑務所がいっぱいで入れないから、GPS取り付けて自宅軟禁にして、刑期あけるまで出ちゃ
ダメって風にするの。
 えーと…どの映画だったか忘れちゃったけど過去見た映画でも主人公が、自宅軟禁の罪
下されてて、脱出がどうの(敵に襲われて)ってのがあったなあ。忘れました(笑)。
 
 そんで、ルイスと組んで警備会社を起こしてるスコット。
 ルイスはスコットの指示を受けて会社に、今受けている防犯カメラ設置の契約の仕事を
持っていきます。
 このルイスのキャラが今回は生かされていて面白かったですねえ。

 んでスコットはウーに対して、子供と一緒に遊んでるんだから、外出やしないよと言い
カードマジックを見せる。
 ウー、めっちゃ食いついた(笑)。
 子供に受けるために覚えたいらしい。
 このウーも憎めない人で好きですね。
 アベンジャーズシリーズの中ではラフな感じの話でいいと思う、アントマン。
 デップーちゃんも好きなんだけどね。

 そういうわけでキャシーは迎えにきた母親らとともに帰って行きます。
 スコット、来週は外で遊ぼうねと約束しました。
 …フラグだな…。

 さて家の中でドラム叩いたり(電子楽器のやつ)、バスケしたりしてるスコット。
 彼はその夜、ある夢を見た。
 それは子供時代のホープとかくれんぼしているものでした。
 量子世界で云々という声も聞こえた。
 目を覚ましたスコット、壁から電話を取り出してピムに電話した。
 といっても留守電に繋がったのかな。
 量子世界にいった奥さんの夢を見たよ、と。
 その翌日、ご飯食べていたスコット、何か首筋に刺さったような気がした後気絶。
 目を覚ましたらホープの運転している車に乗ってました。
 GPSは行動をプログラムしたアリの足につけてきた。
 さすがですな。
 あと車がいきなり巨大生物に襲われてビビるスコットだけど、それはハトだった。
 小さくなった車の中で話をしていたらしい。
 さすが、外が見張られてるかもとか思ったのかもね。

 ホープは情報が欲しいと言います。
 とあるさびれたビルの中にホープとともに入ってきたスコット、中がラボになって
いてビックリした。
 あと、アリも働いていた。
 優秀ですな。
 人間より力持ちだから行動プログラムして働かせるのはいいアイディアですね。
 
 そこにはピムがもいて、量子トンネルを作ってジャネットを迎えに行こうとしたという
話をする。
 ところがミスがあって一瞬作動しただけで止まってしまった。
 それから5分後にスコットから、夢を見たという電話があったからもしやと思った
らしいです。
 妻と接触できたのではないかっていう。
 それで即スコット連れてくるあたり、この人らさすが頭の回転早いなと思いました。
 ただまあ、自分のスーツ勝手に持ち出してアベンジャーズと戦ったのはピム、
怒ってるらしい。
 確かに。
 それはともかくとして、ジャネットが夢の中でかくれんぼしていたという話をすると
2人は反応。
 夢の中の女の子がキャシーではなく、ホープだったというのも。
ピム「ワードローブの中に隠れていたのか」
スコット「ワードローブじゃない、服いれるタンスみたいなの」
ホープ「ワードローブよ」
の会話はくだらなくて笑った。
 二人はその夢の内容からして、母はまだ生きてると確信したようでとても喜びます。
 良かったですねえ。
 で、移動しようということになって外に出ると、ラボは小さくなった。
 何これ便利!
 でもキャリーにして持ち歩くのは…中傾いてますよ…大丈夫なん?
 スコットは戻らないとと焦るも、ホープは母を取り戻せるチャンスは今しかないと。
 その動きを見ていた人物がいました。
 半透明だったからプレデターでも参入してくるのかと思った。

 この後ホープはソニーという闇商人と彼の経営するレストランで会ってました。
 金で量子トンネルに必要なパーツを手に入れようとしていた。
 ところがソニーはFBIにツテがあるらしく、ホープのことを調べあげていて、ラボを手に
いれようとしてくるんですね。
 ホープももっと変装くらいしてくればいいのに。顔替えるとか。あれだけの技術持ってれば
簡単にできそう。
 裏社会の人間を信用してしまうのがなあ。
 ホープは母を取り戻したいから急いでいるというけど、ソニーは何か大きな金儲けが
あるんだと勘違いしてるし。
 で、ホープは小さくなって攻撃して部品を手に入れようとする。
 ホープがワスプになってシャンデリアに止まったので敵が銃撃するんだけど、ソニーが
「あのシャンデリア高いんだぞ!」って怒りまくってたの笑った。
 厨房での戦いはなんとなく、トムとジェリーを彷彿とさせますね。
 自分だけでなくものも大きくしたりできるので、モニター見てるスコットが、俺の時には
ない機能だって言ってたの笑える。
 それとダッシュボードにおいてあるタブレットの缶を見てスコット、何度も「一個頂戴」と
言うけど頑なにあげないピムとかも。
 そうして、お金は置いて部品をもっていこうとしたホープですが。
 彼女の前に変な人物が現れた。
 ヒロアカのようにヴィランとしておきますか。
 ソニーも知らないということは第三勢力ですね。
 このヴィランがメチャクチャ強くて。
 部品小さくして持っていけばいいのにと思うんだけどな、ホープさん。
 ホープの危機と見てピムはスコットにスーツを貸してくれた。
 それで二人でヴィランに立ち向かうのだけど、このヴィランものを自由にすり抜けられる
らしく、一人になったピムを攻撃してラボを盗んでいました。
 すごいな。
 
 会議が必要ということでスコットの家は見張られてそうだから、ピムの家に…と言いかけて
スコット、ごめんと言ってる(笑)。
(ピムはお尋ね者になりあちこち逃げている)
 ひとつあてがある、ということでスコットの警備会社にやってきました。
 ルイスがしゃべりまくっててすっげえ鬱陶しい。
 あと、ヴィランの話を聞いて社員の1人は伝説の魔女だと恐れている。
 それはいいとして。
 ラボに取り付けてるGPSはすぐ壊されてしまったらしいです。
 一人、ラボの場所を追えそうな人間がいる、シールド時代の同僚でケンカ別れしたやつだと
いうピム。
 行くだけ無駄と全然気乗りしない様子ですなあ。
 
 そんで突如現れたヴィランですか、マスクとかとると女の子であることが分かる。
 ヘンテコな装置の中に入って寝てました。
 これなんかいろいろ安定してない感じっぽいなあ。

 さてピム、会いに行ったのはビルという人物でした。
 30年来連絡を取ってなかったピムが現れて不機嫌なビル。
 ジャネットのことは気になるけどお前らFBIのお尋ねものじゃんって感じだし。
 つーか話が脱線しまくってて笑えますが。
 と、スコットは大学にウーらがやってきたのを発見。
 どうやってバレたんだ。
 とっとと退散する一同。
 その後ウーがビルのとこにきて、ピムらが来なかったかというのですが彼は、ずっと
連絡取ってないし憎しみ合ってるから取るわけもない、というのでした。
 これ、一応元同僚だからかばってるのかなと思ったけど、後の展開を見ると、とある
目的をもってすっとぼけたようですね。

 あと可能性があるとしたら、古いスーツにあった機能でラボを追えるということなんだけど
そのスーツはスコットが壊したとか言ってたしな。
 という話をピムがしていたらスコット、実は壊してないと言い出した。
 ピムの大事なものだからだそうです。
 ところがそれ、警備会社においてたはずだったけどなくなってた。
 あのトロフィーでした。
 少し考えてスコット、キャシーが発表会のために持っていったと気付きます。
 今度は学校に潜入かい!
 ここ面白かったなあ。
 アントマンのスーツが壊れて変に頭身戻っちゃうわけですよ。部屋いっぱいにでかく
なったり。不思議の国のアリスかよ。
 人に見つかって逃げるとことかBGM面白いし。
 そんで教室に入ったスコット、キャシーの荷物からトロフィーを探しだし、無事小さく
していたスーツを回収。
 サイズが中途半端になっちゃってるから、車乗るのにもピムに、子供の送迎扱い
されててめっちゃ笑う。

 で、ラボのありかがわかりましたよ。
 中に寝ている女(ヴィラン)がいて、ラボ持って逃げようとするも気付かれ、結局3人
捕まりました。
 スコットが目を覚ますとそこにはあの女が。
 彼女はエイヴァと名乗った。
 あ、この後ゴーストっていきなり呼ばれたりしてるんだけど、フツーに名前決まって
ましたね。ゴーストと呼ぼうみたいなくだりはなかった気が。
 まあいいや。

 エイヴァは、スーツなくても私はものをすり抜けることが出来る、むしろスーツは力を
押さえるために着ているんだと言います。
 ピムだったらもっとスマートなスーツにしてただろうな。こんな宇宙服みたいなもっさり
したのじゃなくてさぁ。
 エイヴァは自分の親はピムの自分勝手な態度のせいで研究室を追われたと言います。
 それでも研究を続けていたがある時事故にあい、爆発が起きて両親は死に自分は
生き残ったけれども、物質をすり抜ける体になってしまったと。
 …物質をすり抜けるなら地表から無限に落ちていきそうなもんですがそういうのは
ないんだ…?
 ベッドの上にもすわれてるし。
 そんな彼女を助けたのがシールドにいたビルだった。
 ところが彼女はこのあとシールドによっていろいろな実験に使われ、さらに、暗殺とか
スパイとして働かされるようになったと。治療と引き換えだったようですね。
 シールドが崩壊したのちは、ビルが引き取ってくれて、一緒にいたようです。
 それで説明をしている間に何度もスコットのスマホから着信音するんですよ。
 笑える。
 でも、キャシーからの911コールだと見たスコット、何か緊急事態だ電話に出させてくれと
言うので、ビルらも本当は悪いやつじゃないから通話状態にしてあげる。
 すると。
 「私のサッカー靴ないの。どこだっけ」
 てめぇぇぇぇ!!!
 スコットがっくりしてて笑える。
 後で電話するって言ってたけど。
 ビムはエイヴァの治療に力になる、というけどビルらは信用せず、エイヴァはジャネットから
エネルギーを抽出するとか言い出した。
 バカだな。
 そんなんして助かる保証ないのに。
 で、ピムが具合悪いみたいなことになって、ホープが心臓悪いから薬飲ませてあげて、
そのタブレット缶の中に薬がというのでビル、あげてあげたら。
 アリが飛び出してきた。
 なるほど、スコットにあげなかったのはこういう理由が。
 この混乱の中でピムは逃げつつ、ビルは嘘を吹き込んでいる、エライアス(エイヴァの親)は
私の図面を盗んだと伝えます。
 要するに逆恨みってことですかね。
 エイヴァは、逃げた彼らの居場所を突き止めるためならキャシーを使うとか言うけど、ビルは
強い口調でそれを止めた。
 それは絶対に許さないと。
 まあそりゃそうですわな。
 関係ないし。

 そうして取り戻したラボで量子トンネルをセットしているピムとホープ。
 ホープはもし母に会いに行って自分のことを覚えていなかったら、と不安を口にするけども
スコットは、自分が刑務所にいた時に、キャシーが心の支えだった、きっとジャネットも君の
ことを覚えているとはげましてあげます。
 そこにルイスが着信があって、客から受けてる仕事でカメラの設置に問題があるからきてくれ、
というんだけど、行くのが無理だからとスコット、来るように言いました。
 そんでルイス、行く支度をしていたらソニーがやってきた。
 ここ調べあげたか。
 早かったですね。
 ソニーはラボの場所を聞き出そうとやってきたのでした。
 部下にウーズマンっていうのがいて自白のマスターだぞって言うんですが。
 面白いのがルイスが、自白剤使うのかというと、ウーズマンは「違う、調合剤だ」と否定。
 ところがそれを注射されたルイスがペラペラしゃべるのでやっぱり自白剤だ、とヒソヒソする
ルイスの部下に笑った。
 ソニーはスコットの居場所を聞こうとするのですが、ルイスのおしゃべりがてんで見当違いで
話にならない。
 部下らも、最後まで聞くしかないよって言ってるの面白いし。
 再現VTRみたいな感じで皆が出てくるのも面白かった。
 さすがにアベンジャーズメンバーは出てこなかったか。
 それと部下、ルイスがついポロッといった、会社が赤字で倒産寸前という言葉にめっちゃ
驚いてる。
 その後何とか場所を聞き出したソニーですが。
 その時突然エイヴァが現れてビビる一同。
 警備員の部下は魔女だって騒いでるし。
 ソニー、外に出たら自分らの車が壊されてラボの場所にいけないようにされていたので、
FBIを動かすことにします。
 ツテを使うってやつですね。
 で、FBIのソニーと通じてる部下がウーに、タレコミがあったと言って向かわせます。
 
 そんなことも知らずにスコットらは実験を開始していた。
 量子トンネルが動き出したのですが、すぐに止まってしまう。
 ピムが戸惑っていると、スコットが「アルゴリズムの問題」といってプログラムをいじり始めた。
 最初は驚いたピムとホープですが、彼の中にジャネットの精神が入っていると気付く。
 ここのシーン、すごいコミカルで笑える。
 スコット役の人大変だろうなあ。
 精神だけきたジャネットは数値を訂正して、自分を追えるようにしたんですね。
 そして座標をロックして、ここぴったりにきて、2時間が限度、それ過ぎたら次に出会えるのは
100年後よ、というジャネット。
 スコットなのでウインクが気持ち悪い(笑)。
 で、元に戻るスコットですが。
 ごめん、なんも手がかりないよと謝ってるあたり、今記憶なかったのか。
 と、ここにルイスから電話。
 ゴーストがそっちに行くという内容でした。
 FBIにも場所ばれたって。
 やべーとなってるけどそもそも、スコットが軽い気持ちで場所教えたのが失態ですわな。
 スコット、帰らないとといい、スーツを借りて戻ることにします。
 母を見つけたらスーツ引き取りにいくわというホープ。
 
 その頃キャシーらは運動靴を取りにスコットの家へ。
 キャシーだけは上に上がって、風呂に入ってるアリを見つけてました。
 笑える。
 この子が偉いのはいろいろ何か事情があるんだろう、と即座に理解したことだね。
 さらに、ウーらFBIが「タレコミがあったぞー」とまたやってきた。
 うぜえ…。
 信号外に出てないですやんか。
 キャシーがわざとウーと話して時間を稼いでいると。
 上からスコットが出てきた。
 間一髪間に合ったんですね。
 具合が悪くてトイレにいたよというスコット。
 ウー、帰って行きました。

 そしてピムとホープですが。
 ラボを小さくしたら向こう側に軍とFBIがいた。
 してやられましたね。
 この間にあのソニーと繋がってる部下はラボを自分の車に移し替えるも。
 ここでエイヴァがそのラボを奪った。
 まあソニーに渡るよりはまだマシか…。

 スコット、キャシーにお礼を言ってます。
 ここ訳されてないけど、愛称としてピーナッツと呼んでるのかな。
 何度か出てきてるから。
 まあいいとして。
 キャシーはホープらを助けにいった方がいいと言います。
 そのホープだけども隠し持ってたピンで手錠外して脱出しようとする。
 そこに、駆けつけていたスコットがスーツをパッと元のサイズにするんですよ。
 ピムが自分は?って言ってたらFBIの衣装が。
 やりますな。
 外に脱出したピムらの前に、スコットが車で待機してました。
 話をしてるホープとスコットに「逃げないのかね」というピム笑った。
 確かに。
 さっさと車出せよ。

 ここ、ソニーが尾行してたけどよく気づいたな…。
 ちなみに持ち去られたラボですが、新しい発信機をつけてるそうです。
 羽アリがナビゲートするらしい。
 
 スコットは作戦として、まずラボに入り、ゴーストを追い出し、ジャネットを救出にいくと。
そんで戻る時にラボを大きくする、と言ってます。
 確かにずっと待ってるよりは、行く時だけでかくして、その間は小さくして逃げて、安全な
場所でラボ戻した方がいいわな。

 ホープ、自分が行くつもりだったけどピムが、自分がジャネットを迎えに行くと言い出した。
 いいですね。
 
 ビルらはトンネルを作動させてたけど、突然止まる。
 見れば、アリたちが配線引っこ抜いてました。
 エイヴァはスコットらが誘い出した。
 ビルはアリに囲まれてました。
 その間にピムはスーツを着て、量子トンネルの中へ向かいます。
 あ、戻ったら治療法を探すと言ってました。
 ビルも悪意あってやってたわけじゃないからなあ。
 待ってるぞと声かけてました。
 この時点でジャネットを救いだせる時間は残り15分。

 エイヴァとスコット戦ってるんだけど、スコットは装置が壊れてなかなかに苦戦して
います。
 大変ですね。
 ホープはピムがトンネルくぐったのを確認してラボを小さくした。
 それをルイスに預けます。
 スコットは最初から囮だったわけですな。
 マジックで初めに習うよというスコット。
 大きな音たてたりして注意をそらしてる間にトリック完成させるあれだね。
 ところが、ソニーがまたやってきてた。
 ホープ、しつこい男とプンプンです。
 
 ピムの方は量子世界…じゃないなまだこれ。
 微生物サイズか。
 グソクムシみたいなんおるし。
 ジャネットの信号を自動検索してて、ギリ見つかったようで逃げることが出来ました。
 
 ルイスが運転しててホープは車の後ろからソニーの追っ手の車を小さくしたりしてるんだけど、
一度関係ない人の車に当たり、「60年代ラリッてたツケか」ってその人が言ってるの笑った。
(カメオ出演のスタン・リー)
 ここ音楽もファミコンみたくコミカルでいいですわ。
 で、彼らを追うのに加わったのがエイヴァ。
 こっちの方がやっかいですね。
 ここちょっとややこしいな。
 まず、ラボはエイヴァに取られてしまったんだけど、スコットもやってきて、彼また装置の
故障ででかくなってしまってトラックを止めることに。カフェでパソコンいじってるやつらが
気付かないの笑えるなあ。
 そんでソニーがラボを手に入れてワーイって感じで逃げるも、リモコンがないことに気付いた。
これがないとラボを元に戻せないから何の意味もない。
 で、戻るのですが、その頃ルイスは「あれ、ラボのリモコンここにあるけど?」みたいな。
 ホープから連絡が入り、新しい車を手に入れたルイス、ノリノリですよ。
 車のデザインもかっこいいですね。
 でもルイス、ミニになったままで下り坂フルスロットルすると、普通の車よりはるかに飛ぶから
やめよう!
 ホープはルイスと合流したんですが。
 ソニーはラボをもって観光フェリーに乗り込んで逃げようとしていた。
 気付いたスコット追いかけようとアリを呼ぶんだけど。
 ここめっちゃ笑えるの、飛んできたアリが次々カモメに食べられていくんですよ。
 ひどいけどメチャクチャ笑える。
 で、結局アントマンとして巨大化してフェリーに追いついた。
 そうしてやっとソニーからラボを取り戻したのですが、巨大化しすぎてスコットダウンした。
 多分だけど、大きくなりすぎると栄養が足りなくなるってことなんじゃないかな。
 
 博士の方は量子世界にたどり着いて、残り時間なくなって座標を見失っていました。
 あと数秒で見つかるみたいなお約束をぶっちぎるの面白いね。
 虚無ともいえる世界で精神がおかしくなりかけた時。
 助けてくれた人がいました。
 ジャネットでした。
 近くにきていたから彼女も発見できたんだろうね。
 良かったです。
 ジャネット、一緒に船に乗って、この世界は人を変える、私は私なりに適応したと言ってます。
 確かに食べ物とかなさそうだしなあ。
 あとは脱出の機会を待つのみです。
 ラボが元のサイズに戻ったら脱出できるようになるって言ってましたね。
 
 さてスコットの方ですよ。
 ルイスがラボを確保しようとしたらエイヴァがリモコンを奪って、ここでラボを巨大化した。
 おいぃぃぃ!!!
 ピムはそんなことになってるとは知りもせず、ラボが戻ったから帰れるぞーってな感じで。

 スコットは海底に沈んでたけど、ホープがなんとか助け出してました。
 良かった良かった。
 ルイス、中に入ろうとしたらソニー一派がやってきてピンチだったのですが…。
 そこを助けたのは部下の警備員らでした。
 さすがですね。

 さて、ビルがやってきてエイヴァにジャネットが死んだらどうするというけど、じゃ自分は
死んでもいいのかって彼女に言われたらどうにもなりませんわな。
 ビルは、ジャネットが戻ってきたら君を助ける方法がわかるかも知れない、とフラグを
立てていたのに。
 エイヴァはジャネットからエネルギーを抽出しようと機器を作動させはじめます。
 つーかやり方サクっとできてんのがすごいね。
 量子の世界に行くトンネルをどう使ったらエネルギー抽出できるのかサッパリわかりませんが。
 そんでそこに戻ってきたホープらがギリ回線のスイッチ切って、戻る途中やばいことになってた
ジャネットを救いました。(そうなってるのをホープらは知らない)
 つーか蹴ったのには当たるエイヴァってどうなってんの。
 いいけど。
 で、ピムらが戻ってきて、その機械がエイヴァにぶちあたり吹っ飛ばされてた。
 ちょうどよかった!
 ここでホープはジャネットと奇跡の再会を果たし喜びをかみしめます。
 ピムどうしたんと思ったら壊れた機械の下からヨレヨレで出てきた。
 お疲れ!
 スコットが、初めましてと言いかけて、もう会ってますねというのも良かったです。
 そしてエイヴァですが、大体の予想通りジャネットが助けました。
 殺さなくて良かったなお前!
 
 さてこのラボの外ですが。
 警備員らが、仕事に行こうとしたら、人を襲っていたので、とソニーらのことについて
マスコミとかに説明してました。
 そのソニーはウーに、ラボ奪おうとしたとか、レストランも衛生状態に問題あるんですよと
ペラペラしゃべってまして。
 横でウーズマンが「本当に自白剤だ」と言ってたのめっちゃ笑った。
(警備員によってソニーは自白剤打たれてた)

 というわけで逃げないといけないわけですが。
 ウーは巨人がいるという通報でやってきていて、スコット、またテメーだなって感じなんですが。
 なんでだよ!人を襲う巨人かもしれないじゃん!調査団とリヴァイ呼ぼうぜ!
 とやってたら向こうでラボがシューンって小さくなり。
 ウーびっくりしてたら目の前の巨人も消えた。
 つまり、スコットがスーツで大きくなった後、中身だけ小さくなってコソコソ逃げ、その間に
ピムらがラボ小さくして持って逃げたというわけですね。
 ウー、さすがマジックかーと分かったみたいな感じですね。
 一方、エイヴァとビルも逃げてて、エイヴァはビルに逃げてというもビル、見捨てないって
言ってて良かったです。
 でもエイヴァは能力消えたからこれからどうすんだろうね。

 スコットの家にて。
 ウー、今度はドア蹴破ってやってきましたよ…。
 でもそこにはドラム叩いてるスコットがいて。
 期限になったのでGPSを外してやるウー。
 今回はしてやられたが、またどこかで、というウーに、え?食事誘われてる?というスコット。
 何かやったら逮捕するって意味だというウー。
 パーティとかディナー計画してくれてたかと思ったのにというスコット。
 ウーは、誘いたかった?とか言って帰っていってましたが、このウーというキャラも憎めなくて
いいですね。
 そしてスコットは晴れて外に出て、キャシーの家に行くのでした。
 警備会社もあの報道が元持ち直したようですし良かったですね。

 ピムとジャネットはどっかの浜辺に家を持ち込んで暮らすことにしてました。
 嵐の時やべーぞと思ったけどそんな時は別のとこに移動すればいいだけだしね。

 キャシー、スコット、ホープとともに怪獣映画見てました。
 つーかこれアリが出てくるやつやん。
 でも実はシアターじゃなくて、ノーパソの画像を小さくなって皆で外で見てるらしくて、蛾が
よってきて困ってるのは笑った。
 室内でやれ!

 この後装置を改良して車に量子トンネルを取り付けたピムとジャネット。
 スコットに量子世界にいってもらい物質を回収してくる実験をしているようです。
 これさぁ、無人機で回収したらダメなん?
 戻ってこれなくなったらって可能性あんじゃん。
 スコットとジャネット戻ってこれたとはいえ、不確定要素あるわけだし…。
 まあクマムシは避けてといってるあたり、そこまで小さくなる領域じゃないと思うんだけど。
 ゴーストのためにとか言ってるから彼女を治すために物質回収して分析しようとしてんだろうね。

 中に入ってスコットの声が聞こえなくなったので一時心配する一同ですが、通信戻って
安心してました。
 ところが。
 スコットが物資を回収して戻ろうとした時。
 誰からの応答もありませんでした。
 外では皆消えていたのです。
 あのアベンジャーズのラストです。
 別作品のせいで…!(一応繋がってるから!)

 さらにラスト。
 テレビも消え、誰もいなくなった世の中で、アリがドラム叩いてるのはシュールな世界でしたね。

 アントマンとワスプは戻ってくる、という文章に最後「?」ついたのも面白かったです。
 サノスめ、許さんぞ…!

 


多分花鳥風月金田一、コナン的読み物ページ映画の感想レビュー→アントマン&ワスプ